調査研究事業

固定資産評価研究大会 


                              第20回 固定資産評価研究大会実施計画
                                                             
1 目的

 固定資産評価研究大会は、固定資産の評価及び固定資産税に関する諸問題をテーマに、地方団体職員、不動産鑑定士、学識経験者等の参加の下に開催し、講演、パネルディスカッション、分科会発表等を通じて、固定資産の評価等に関する研究の振興を図るとともに、広く固定資産税制度全般について国民の理解を深め、及び関係者相互の連携を促進する場とすることを目的としています。
2 主催者等
(1) 主催及び運営
一般財団法人資産評価システム研究センター
(2) 後 援(予定)
総務省、全国知事会、全国市長会、全国町村会、一般財団法人全国市町村振興協会、
公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会、一般財団法人日本不動産研究所
3 開催日
平成28年10月28日(金)
4 開催場所
会場名:都市センターホテル
住 所:〒102-0093  東京都千代田区平河町2−4−1
 Tel.03−3265−8211 Fax.03−3262−1705


拡大表示
■東京メトロ
 有楽町線・半蔵門線・南北線
 「永田町駅」 
  4番・5番出口より徒歩4分、
  9b番出口より徒歩3分
 有楽町線「麹町駅」
  1番出口より徒歩4分
 丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」
  D出口より徒歩8分
■JR中央線「四谷駅」
 麹町出口より徒歩14分
■都バス
 平河町2丁目「都市センター前」下車
 (新橋駅⇔市ヶ谷駅⇔小滝橋車庫前)
■首都高速
  霞ヶ関出口より5分
5 開催内容
@  オープニング
A  講演
B  パネルディスカッション
C  分科会発表
   地方団体職員や不動産鑑定士等の発表者から固定資産評価等に関する事例・研究・一考察等を発表し、質疑応答を行います。
  1題の発表は30分程度(質疑応答含む)で、6〜8題の発表を予定しています。
D  固定資産税業務のICT・GISの活用に関する展示部門
   出展各社が展示ブースを設営し、固定資産税業務に役立つシステム等を展示します。専門スタッフからシステムの機能・特徴・導入効果
  等の説明を受けることが出来ます。
E  参加者情報交換会
   固定資産税業務のICT・GISの活用に関する展示部門を見学しながら、情報交換の場としてご活用ください。

6 申し込みについて
(1) 対象者
地方団体職員、学識経験者、評価関係機関職員、評価センター賛助会員、不動産鑑定士等
定員750名(定員を超えた場合は、お断りすることがあります。)
(2) 参加費
地方団体等評価センターの会員(賛助会員を含む)は無料です。
その他の方は、参加費2,000円が必要です。参加当日に受付にて、お支払い下さい。
(3) 申込方法
参加を希望される方は、平成28年10月7日迄に別紙1「参加申込書」( 29KB)により、分科会発表の申込をされる方は、
平成28年7月15日迄に別紙2「分科会発表申込書」( 34KB)により、件名「研究大会申込」としてメール(hyoka-c@recpas.or.jp)にて、お申し込みください。


 
7 お問い合わせ先
(一財)資産評価システム研究センター調査研究部 川田 中村
〒105−0001 東京都港区虎ノ門3−4−10 虎ノ門35森ビル8階
Tel. 03-5404-7781  Fax. 03-5404-2631
ホームページ:http://www.recpas.or.jp  E-mail:
 これまでの大会の講演録等はこちらをクリックしてください